« 天使は朝日に笛を吹く | メイン | というしかない? »

January 07, 2005

返せるのだろうか

リーフブック『刺繍刑』vol.4 著書ミストレス・ノール (2004年12月5日発行)。
<フェティシズム><同性愛>の繊細な世界を短歌や童話、写真などで綴ります。リーフ状の書物として小さな箱にパッケージしました。
(発行所クラブ・ノールさんについては、サイト「book bar 4」内で、きれいに紹介がなされています。http://www.mars.dti.ne.jp/%7E4-kama/shishu/shishu03.html )

関美穂子の型絵染め作品展 1月7日(金)ー2月6日(日) 13時ー20時(火曜・土曜休廊)@アトリエ箱庭 (大阪・北浜)
ノスタルジックで素朴な趣きの型絵染めによる、可愛らしい蔵書票やてぬぐいが沢山並びました。ぜひお気に入りを探しにいらしてください。
型絵染め体験講座 2月6日(日)15時より 要予約06−6203−5877 (大阪市中央区北浜1−2−3−301)( 恵文社一乗寺店での取り扱い作品:http://www.keibunsha-books.com/recommend/dok0001.html )

コレクション展 戸田勝久作品  1月15日(土)ー23日(日) 11時ー19時 (会期中無休) @ギャラリーミヤコ(大阪・心斎橋)
今春、古巣のヨーロッパ通りに戻られたのを機会にギャラリーミヤコ主人が、以前から蒐めておかれた私の作品が画廊に掛けられると言う。ここ15年程の仕事が観られるようで、皆様に、私の作品の変化を楽しんで頂ければ幸いです。
移転先:大阪市中央区東心斎橋2-8-26 都ファッションビル3階 06-6213-1769
http://plaza.harmonix.ne.jp/~artnavi/09-gal-ad/170123-g-miyako-toda/00-g-miyako-toda.html

女性の名前のつく本の展覧会 1月15日(土)から 12時ー23時半 @ Annabel Lee (京都・北白川)
遅日草舎(京都・百万遍)にいらした女性がはじめた話題のカフェ・バーがはじめての企画展を。
店名アナベル・リーにちなんで女性の名前のつくタイトルの本を少しばかり集めて展示させて頂きます(一部販売)。
京都市左京区北白川瀬の内町27−5 2F 075−722−8838

小松ミホ『ラビト』出版記念展 1月25日(火)ー2月6日(日)11時ー20時
オリジナル出版物『はないが』(間芝勇輔作品集)が話題のiTohen(大阪・天六)が、新しい出版物を。soramimibunco(大阪・中崎町)と同時に、出版記念展覧会を開催。詳しくは各店サイト内で。
http://www.skky.info/itohen/gallery/index.html  ( いとへん内告知)
http://soramimibunco.ciao.jp/ (soramimibunco内告知)


郵便局で年末に買って、年明けてコンビニで三回に分けて追加、今日現在まだ賀状書きに追われています。

果たして返せるわけはないのだ。それはよくわかっている。だから刑のように、探し続ける。(「書くこと」について)


投稿者 jill : January 7, 2005 01:00 AM