« 知名度がなくても | メイン | 2010年春夏 JUNYA TASHIRO »

October 19, 2009

いつもロマンチックなガリアーノ

いつもロマンチックなガリアーノ

 ジョン・ガリアーノほど多くのクチュール・デザイナーから必要とされるデザイナーは
いないように思う。「ロマン主義と心理主義の得意な流行衣装の請負人」とヴォーグ誌が
評価するように、アバンギャルドな作風やショーの演出が話題となった。

 「ヴィジョナリーズ―ファッション・デザイナーたちの哲学」では、彼はシュール
レアリズムを表現しているという。「ダリやコクトーが理解したように、ウィットが
きいていて、いつもロマンチック」なガリアーノの哲学がある。繊細でデリケートな
そんな彼が、みんな好きなのかもしれない。



フォトエッセイ一覧